Home > Fishing Reports | バス | 琵琶湖 > 冬の琵琶湖でおかっぱり

冬の琵琶湖でおかっぱり

  • 2001年12月28日 (金)

およそ1ヶ月ぶりのバス釣りです。

ネットで知り合ったタイさんが某港で好調な釣果が続いているようなので、行ってみることにしました。

午前2時ごろ、琵琶湖着。
一応タイさんとの約束は3時過ぎだったので、一人で某水路を攻めることにします。

いつもの場所に行くと、先客が二人いたが、イマイチの模様。
でも、私の前で25くらいのを2尾釣りました。

いつもどおりカットテールのツネキチを投入しますが、ギルアタリのみ。
たまに、バスのあたりもあるのだが、かかってもすぐに抜けてしまう。今日は渋いのか?
1時間程やったが、ヒットには至らなかった。

3時半頃、タイさんとお会いして、某港に案内して頂く。
まずはスピナベから、ということで僕もスピナベを投げてみるがアタリなし。

4時を過ぎたころ、タイさんに本日初ヒット!が、残念ながらバラし。
自分も同じコースをスピナベで攻めるとアタリがあったが、のせられない。食いはかなり浅そうだ。

そこで、トレーラーフックを付けてみることに。

さっきアタリが合ったコースと同じコースを攻めるとヒット!作戦的中、今度はノリました。
これがけっこうな手応えで40アップを確信。慎重にやりとりをする。
そろそろ魚が見えるかなと思ったころ、急に竿から重さが消えた。

バレたー!.gif

見事にバレました。

しかし、魚はどうやら同じところに固まっている模様。
そこで、タイさんはジグヘッドに代えて、ゆっくり攻める。

するとヒット!サイズは25cmぐらい。

さらにタイさん、同じコースでヒット!これは大きそう・・・。

01/12/28 タイさんに46cmでましたー!体型が良くとても綺麗な46cmでした。

さて、この魚をみて俄然やる気が出てきました。

私もジグヘッドに代えてみます。
するとアタリはあります・・・がアワセがうまくいかない。

私が戸惑っている間にもタイさんは数を伸ばしていく。

明るくなるまでに38、35×2、30、25cmを追加です。

明るくなるとアタリがなくなったので某水路に移動。
しかし、ここの魚はスレまくり。小バスはワームを見ると逃げます…。

タイさんはシャッドで15cmくらいの小バスを2尾釣ってました。

結局、9時過ぎごろ釣りは終了。私はボーズでした。

今回、アタリはあるのにノセられないのがほとんどでした。
一方で、地元のタイさんの方は順調に数を伸ばされました。
まだまだ、私の修行が足らないようです。

年が明けたらリベンジに行きたいです・・・。


Home > Fishing Reports | バス | 琵琶湖 > 冬の琵琶湖でおかっぱり

Archives
Search
Site map
sitemapサイトマップ
Feeds
メールマガジン登録
当blogの更新情報をメールにてお届けします。
ぜひご登録下さい。

Return to page top