Home > Fishing Reports | ソルトルアー | 紀北・尾鷲・熊野 > 尾鷲三田火力排水口 メッキ爆釣

尾鷲三田火力排水口 メッキ爆釣

  • 2005年01月05日 (水)

この日は、昨年末より好調ときいて、尾鷲の三田火力発電所排水口に、メッキ狙いに行ってきました。

さて、このメッキですが、だいたい釣れるのはマズメ時のみです。
しかも、キマグレで日ムラが激しい。
かつて、尾鷲まで片道3時間のドライブ→アタリがあったのは10分だけということもありました。
そんなメッキ釣りですが、今回このリスクを十分に理解させた、後輩を2人連れて行ってきました。

午後1時に津を出発・・・かなりのんびりです。
どうせ釣れるのはマズメ時だけと思ってますんで。
松阪で水谷釣具に寄り、メッキ用ルアーを持ってない2人はルアーを購入。
色々考えましたが、入れ食いのときは大して関係ないでしょう。
でも、このとき選んだルアーが、後で意味をもってきます。

途中、紀勢町ではおやつにアイスクリームを食べる。
42号沿いにあるお土産屋さん、「山海の郷 紀勢」内に大内山牛乳使用のアイスクリームを
売っているところがあります。コーンにのっけて1個100円。かなり美味しいので、一度ご賞味あれ。

(※現在は原材料価格の高騰により150円に値上げされています)

さて、さすがにのんびりしすぎました。
ちょっと急いで、ポイントには午後4時半ごろに到着。
さっそく排水口を見てみますが、あまり流れは強くないです。
水温もそれほどは高くなく、少々不安がよぎります…

そして、30分ほど何も起きず、午後5時前に「そろそろかな」と思ったころ、なんか急に温排水の勢いが増してきました。
…と思ったらすぐに隣で釣ってたやまちゃんにヒット!
メタルジグにスレで、期待のサイズより少々小さめの20cmぐらいのが上がってきました。

「いよいよきたかぁ~」
気合が入ります。そして次のキャストでミノーをトゥイッチするとひったくられました。
「きたぁ~」久しぶりのこの引きです。十分に楽しんであがってきたのは23㎝ほどとまずまずです。
やまちゃんにもヒット!自分も連発で入れ食いモードに入りました。

が…隣をみるとまっつんはライントラブルで渋い顔。
いつ食いが止まるともわからないので、まっつんに自分のタックルを渡し釣ってもらう。
そして、まっつんにもヒット!タックルもその間に直した。

05/01/06 尾鷲メッキ釣果さて、ここからフィーバー突入です。
最初はクーラーで氷〆にしていたのですが、あっという間に入らなくなりました。
て言うか、入れ食いでいちいち処理するのが面倒です。釣ったら足元にほかしときます。

最後に集めたらこんな感じに…(;^^A

しばらくして、一次食いがとまりましたが、また新たな群れがきたのか、食いが戻りました。
ただし、先ほどに比べると、少しサイズは小さくなってます。

結局、真っ暗になるまでの30分ほど食いは続き、3人で30数尾の爆釣でした。
サイズも、各自最大28cmを混ぜて、25㎝前後で揃い、大満足。

05/01/06 メッキ手持ちこの日のトップはやまちゃん。14尾ぐらい釣ってます。
水谷で購入したミノーがききました。ゴースト系ゆえにスレにくかったのかもしれません。
また、やはり最盛期に比べ鈍いのか、少しミノーをとめて食わせるタイミングをいれてやるのがよかたようです。
私は、そのことに気がつくのが遅れ、途中数を伸ばせませんでした。

※ 残念ながら現在は火力発電の需要低下から年中稼働していないので温排水が止まるときがあり、メッキは越冬することなく、死滅してしまうようです。


Home > Fishing Reports | ソルトルアー | 紀北・尾鷲・熊野 > 尾鷲三田火力排水口 メッキ爆釣

Archives
Search
Site map
sitemapサイトマップ
Feeds
メールマガジン登録
当blogの更新情報をメールにてお届けします。
ぜひご登録下さい。

Return to page top