Home > Fishing Reports | 五目釣り | 紀北・尾鷲・熊野 > 尾鷲湾 カワハギ&大アジ

尾鷲湾 カワハギ&大アジ

  • 2008年11月29日 (土)

海山在住のU氏の船に乗せていただき、尾鷲湾に出てきました。

 U氏には10月11日の釣行で初めてお世話になりましたが、このときは渋い状況で、普段と比べて数も少なめだったようです。

 その後、U氏から話を聞くなかで「月が陰ると釣れる」ということを聞き、今日は大潮の新月後…行くしかない!ということでお世話になりました。
カワハギも好調なので、今回は昼間はカワハギ狙い、夕方~夜にかけて大アジを狙います。

午前10時に出船。
まずは、今週の水曜日にカワハギが絶好調だったという瀬のポイントに入ります。

U氏のアンカリングテクニックにより、船はポイントにばっちり止まります。

早速反応があり、同船しているU氏のお友達K氏、小さいながらカワハギをキャッチ。
私にもアタリがありますが、キタマクラ、サクラダイの猛攻…
やっとのことで本命をキャッチしますが、ほかの2人のペースに置いてきぼり状態。

そのうち、カワハギが集まってきたのか、すぐに餌が摂られる状態が続きます。
そこで、集奇を外し、感度重視の仕掛けに変えてみました。

これが当たって、着底後すぐのアタリを逃さずとり、連続ヒット。
なんとか数を伸ばせました。

アタリが一段落したので、のませ釣りの餌を確保しにポイントを移動します。
しばらくコマセを巻くと小アジが集まってきて、無事に餌を確保したので、今度はマトウダイ、根魚狙いで移動。

私はさっそくエレベーター式の仕掛けを投入。

08/11/29 マハタとヒラメすると、胴付で五目狙いのT氏に小アジが釣れる。
どうやら、アジが回ってきた様で期待が高まる…と思ったらT氏のロッドが大きく曲がる!
マトウダイか?と思いましたが、最後まで抵抗を見せたのはヒラメ55㎝。
掛ったアジをそのまま底まで落としてヒットしたそうです。

あのぉ、隣で先に生き餌泳がしてたんですが…
新鮮な餌の方がいいのですか。

さらにT氏のロッドが曲り、今度は35㎝のマハタ。
高級魚ずづくめです。

日没が近付いてきたので、夜アジのポイントへ移動します。
ここでじっくりコマセを捲いて待っていると、大アジが回ってくるそうです。
暗くなり始めたころ、T氏30㎝クラスを上げたのを皮切りに、30㎝前後の良いサイズが上がるようになります。

U氏曰く、いつも大アジが釣れ始めるのは20時過ぎとのことだったので、
今日はかなり早目の出勤のようです。
08/11/29 アジ41.5cmそのうち、潮止まりになったのかアタリが遠のく。
「再び潮が動き出した時がチャンス」と言っていた19時半ごろ、私の竿に強烈なアタリ!
重量感、パワーがこれまでと明らかに違います。
「これがうわさに聞く35アップの大アジのパワーか?」
と思いましたが、とてもアジとは思えない程強い引きに、「マダイ?」
いずれにせよ、なかなかのサイズなことは間違いなく、慎重にやり取りをします。

08/11/29 大アジ二本持ちそして上がってきたのは…でっかいアジ!41.5㎝

U氏の記録(42.0㎝)更新にはわずかに及びませんでしたが、ここではめったにお目にかかれるサイズではないようです。
その後、入れ食い状態ということは無かったですが、小~大アジまでポツポツ釣れて、21時に納竿となりました。


本日の釣果

08/11/29 大アジ釣果08/11/29 カワハギ釣果


尾鷲港 【大潮】 満潮:17:40(161cm)干潮:12:20(93cm) 月齢 1.4

Comments (Close):2

OKNO 08-12-07 (日) 21:54

相変わらずよく釣れてますね。
ヒラメ、マハタの高級魚はアドレナリンものですね。
40cmのアジも高級魚ではないでしょうか。
先日、尾鷲の速水林業さんの話を聞いてきました。
(東京なのが残念でした)
美しい森はイイ海との連携であることを改めて学びました。
マスマス憧れの尾鷲。

おぱた 08-12-08 (月) 23:21

今回は昼も夜も楽しめて、大満足の釣行でした。
アジは最大のものはちょっと大味気味で、35cmぐらいの方美味しかったです。
カワハギの肝和えはいつ食べても最高。
同じゼミの後輩で「漁民の森づくり」についての卒論を書いた後輩がいましたが、やはり海と森の繋がりは深いようですね。
もし、現地視察でお越しの際は、引本湾・尾鷲湾での資源実地調査(実釣)プランもぜひ…(笑)

Home > Fishing Reports | 五目釣り | 紀北・尾鷲・熊野 > 尾鷲湾 カワハギ&大アジ

Archives
Search
Site map
sitemapサイトマップ
Feeds
メールマガジン登録
当blogの更新情報をメールにてお届けします。
ぜひご登録下さい。

Return to page top