Home > Fishing Reports | イカ > 尾鷲 昨夜のアジでヤエン釣り

尾鷲 昨夜のアジでヤエン釣り

  • 2009年05月20日 (水)

09/05/20 ヤエン昨夜、U艇で釣ったアジを餌にヤエン釣りをします。

ちょうど、餌屋さんでイカ用に売ってるサイズが15尾確保できました。
昨夜釣ったばかりなので元気です。

サーフに行くか漁港か迷ったが、尾鷲在住の友人から、「昨日2キロアップが上がっている」との情報を得て、尾鷲の漁港に行ってみることにしました。

ここはメバル釣りでは来たことがありますが、アオリ狙いでは初めてです。

道の駅で仮眠をしていたのですが、少々寝すぎて現地に着いたのが午前4時。
すっかり明るくなってしまいました。

先行者が1名居て、夜明け前に反応があった模様。
やはり遅かったか…

急いで準備してアタリを待ちます。

お、先行者にアタリ。見ていたら、残念ながら途中で離してしまった模様。

と、今度は自分のラインがジリジリと引き出される。
あまりにゆっくりなので思わず、隣に居た常連のおじさんに「これってイカですか?」
と聞いてしまうと、おじさんは僕のロッドをもって感触を確かめ。「イカだよ、少し食わしたらヤエンを入れな」と言う。

しばらくするとおじさんが「ヤエン入れたか?」と言うので、ヤエンを入れる。
サーフと違って堤防の上からなので角度も付いて一気にイカまで…と思ったら途中でヤエンが道糸と絡んでしまい落ちていかず、ジ、エンド。

おじさんは「全く、最近はエギで釣れんもんやで、素人がたくさん来とるわ。ヤエンの掛け方すらしらんやつがおる」と。

次にまた先行者に来たが、これは走られすぎてバラシ。ラインの残量が少なかったようです。

「なんやぁ、俺のところにはこやんなぁ」とおじさん苦笑い。

が、しばらくして今度はおじさんにアタリ。

横から一部始終を見ていましたが、さすがのやり取りでした。
無事にキャッチされたのは、2キロ丁度の良型。

その後、アタリが遠のきましたが、その間、おじさんからヤエンの使い分けなど、
色々教えてもらいました。

ここでアジを使いきっても良かったのですが、やはりサーフが気になり、
残り2尾で移動する。

昼食の弁当も購入し、のんびり竿先を眺めるが、結局イカからの反応は無いまま終了…

せっかくなので、昨日の残り餌でキスを狙ってみると、小型ながら飽きない程度に反応があります。
以前、イカは何でも食べると聞いたことがあったので、遊び半分で釣ったキスをアジの代わりにしてみる。

ふと、磯竿を見ると妙に糸が弛んでいたので聞いてみるものの、反応は無し。
回収すると…あっ!

09/05/20 齧られたキス
見事にやられてます…

直ぐにキスを替えて1時間ほど粘るが、その後何も起きず…

冗談半分で集中していなかったのがいけませんでした。

やっぱり、このサーフには回ってくるようです。要リベンジ!


Home > Fishing Reports | イカ > 尾鷲 昨夜のアジでヤエン釣り

Archives
Search
Site map
sitemapサイトマップ
Feeds
メールマガジン登録
当blogの更新情報をメールにてお届けします。
ぜひご登録下さい。

Return to page top