Home > Fishing Reports | イカ | 日本海 > 日本海 新子のアオリイカと戯れる

日本海 新子のアオリイカと戯れる

  • 2009年09月07日 (月)

09/09/07 チビアオリまた、タイフーンに邪魔され南下は無理…
新子のアオリイカが数釣れているようなので、友人とともに久しぶりの日本海へ行ってきました。
まず初めに入ったのは敦賀市内で実績のある小場所。
海面を覗きこむと、新子がたくさんいます。
「ちょっとカワイイかな?」と思いましたが、とりあえずゲット。

見えているのは小さいので3号エギで周りを探りますがアタリはなし。
エギについてくるサイズや見えイカは相変わらずのサイズですが、とりあえず二人でお土産分を釣ることにします。

何箇所か移動していると、イカが寄ってこない代わりに、足元でエギに魚が襲いかかってきました。
25cmぐらいのハタです。

そのうちもう1尾根から出てきて、コイツはキジハタと思われます。
やつらは交互にエギに襲いかかります。
エギを間に挟んで、2尾のハタがにらめっこという面白い状況も。
しかし、こんな時に限ってワームを持っていません…
飲み込んでくれればいいのですが、食っては吐いてを繰り返します。
そこで、一か八かエギを咥えた瞬間に大アワセをくらわしてやると、口元にフッキングし、
小さいですが、美味しいお土産ゲットです。
09/09/07 エギでキジハタさらにもう少し大きいキジハタを発見し、これも狙いにかかるものの手強い…
後で後輩がバックの隅からグラスミノーMを発見しましたが、その時、良型は既にどかへ…
見えていたもう一種類のハタが簡単に口を使い、上げてみるとアオハタだったことが判明。

このポイントは意外と長く居て、午前10時ぐらいまででイカのキープは2人で20杯ほど。
「キープは」と書きましたが、私は釣り上げたイカは基本的に死んでしまうと思っていますので、美味しく頂くようにしています。
イカは思いのほか弱い生き物です。
骨格が無いので衝撃には弱いですし、体に傷をつければそこから病気になってしまうと言われています。
よくメディアなどで水面から上げたイカをカンナを返してリリースしていますが、たぶん大半は弱るか他の魚に食べられて死んでしまうと思います。
余程掛りどころがよく、ストレス与えず水中でリリースが出来れば、少しは生存率も上がるのでしょうが、実際、難しいと思います。
エギのサイズを小さくしすぎない、またはサイトなら意図的に合わせいことでカンナにかけることなく
楽しむことも出来ると思います。
秋の子イカを数釣ることについてはいろいろな考えがあると思いますが、私は「リリースするぐらいなら、大きくなるまで我慢して釣らなければいい」と思います。
「小型はリリースしましょう」ではなく、「小型は釣らないようにしましょう」
だと思います。

・・・

話をレポートに戻します。

お腹が減ったので途中で食事をしてから越前方面へ北上します。

途中、ある浜でレッドターポン120をカートップしている車を発見。
声をかけようと思いましたが、車中でお休み中でした…

色々漁港をめぐる予定でしたが、途中で睡魔に襲われて私たちも爆睡…
起きたら3時でした。

北上するには残り時間があまり無いので、最後は定番の敦賀新港へ。
平日にも関わらず多くの釣り人でにぎわっています。
相変わらずマメアジは入れ食いのようです。
ここではサイズを狙ってディープを3.5号で攻めたりもしましたが、反応なし…
結局、同じようなサイズを数杯追加して終了しました。
そろそろコロッケサイズ中心で楽しめると思いきや、まだ小さすぎました。
もう1~2週すれば3号程度のエギで普通に釣れて、もう少楽しめると思います。


Comments (Close):2

mikoli 09-09-10 (木) 11:10

弱っちゃうんですね。イカは「おかずモード」なので、
リリースした事ないんですが、こんな数釣りもした事ないです(恥)。
エギでのサイトロックフィッシュ、かかりそうでかからなくて、
意地になりそうですね~。
しかし、バッグの中に転がってた?グラスミノーって・・・(笑)
そちらはKFアングラー多いみたいですね。

おぱた 09-09-10 (木) 20:46

↑に書いたとおり、私も釣ったイカは食べるのでリリースしません。
グラスミノー、いつのか分からないような半分黒くなって、テールも動かないような代物でしたが、一発で食ってきました。
まともなルアーがあったらたくさん釣れていたと思われます。
この日、平日にも関わらず、ターポン以外にも2艇見ました。
若狭・敦賀は多いみたいですね。
家からだと2時間半、約150キロの距離なので微妙…

Home > Fishing Reports | イカ | 日本海 > 日本海 新子のアオリイカと戯れる

Archives
Search
Site map
sitemapサイトマップ
Feeds
メールマガジン登録
当blogの更新情報をメールにてお届けします。
ぜひご登録下さい。

Return to page top