Home > Fishing Reports | 五目釣り | 紀北・尾鷲・熊野 > 2010初釣り 尾鷲湾 久しぶりの大アジ登場

2010初釣り 尾鷲湾 久しぶりの大アジ登場

  • 2010年01月16日 (土)

年始から何かと予定があり、予定の空いた日は悪天候…
ということで、やっと2010年の初釣りです。

「縁起をかついでマダイを釣りたい」

と思っていたところ、「年末から脱走マダイが好調」と知人の権兵衛氏より情報を頂いていたので、行ってきました。

10/01/16 白石湖単独でお世話になる予定でしたが、朝になって急遽後輩Nが参戦決定。
正午ごろに、いつもの白石湖のマリーナより出艇します。

白石湖は汽水湖で、昔から冬季に大型のチヌが上がる有名ポイントなので、
今日もかなり寒い中、筏やカセには多くの釣り人がいます。

ちなみに、白石湖で養殖されている牡蠣は「渡利牡蛎」というブランドで出品されています。
周囲4キロの小さな汽水湖の限られた漁場でしか獲れないため、“幻の牡蠣”としてファンが多いそうです。
詳しくはhttp://www.watarikaki.net/

尾鷲湾に出てみますと、けっこう風が吹いています。
脱走マダイがよく回遊してくる実績ポイント「ハゲ瀬」は、もろに風ピューでしたので、最初は風の当たらない漁礁のポイントへ…

しばらくコマセを撒いてみましたが、全く反応がありません。

権兵衛氏によれば「ここは居ないときは全く駄目」、とのことなので、風にさらされる覚悟で「ハゲ瀬」に移動します。

仕掛けを落としてみると、餌がきれいさっぱりやられます。
どうやら、カワハギがいるようです。

そこで、カワハギ仕掛けにして小さなアタリをとると…特大のキタマクラ。
アジ・マダイ狙いの天秤フカセの方もハリスをカミカミされています。

カワハギ仕掛けに変えてみた後輩Nに2回ヒットしたものの、食いが浅いのかバレてしまいます。
私も、アタリが取れずに苦戦…秋と違って、厳寒期のアタリはかなりシビアなようです。

カモメが私に餌をおねだりしますが、外道さえも釣れず…
そうこうしていると、権兵衛氏はちょっと小さめでしたが、待望のマダイをキャッチ。
カワハギ狙いか、アジ・マダイ狙いに専念するか迷いましたが、一尾もカワハギをやっつけていない状態でやめるのも悔しいので、仕掛けを変えてみたり、しながら続けます。

仕掛け直結、中錘無しという感度重視の仕掛けに変えて、張らず緩めずの状態を保っていると、わずかに穂先を抑えるアタリが出て、すかさず合わせを入れるとヒット!

なかなかの引きに良型を確信します。

ゆっくり巻き上げてきますが、途中でなんかおかしいことに気がつきます。
カワハギにしては、最後までやけに引きます。

「もしかして?」

10/01/16 カワハギ仕掛けにマダイ上がってきたのは、塩焼きサイズのマダイでした。

カワハギ仕掛けに食うとは…どうやらべた底で餌をとっているようです。

そこで、アジ狙いの仕掛けで底すれすれを狙いますが反応なし、
底からやや浮かせたところを狙えば、カワハギとキタマクラの猛攻で餌が残らない…

というどうしようもない状況でしたが、なぜか権兵衛氏だけアタリが出て、マダイをキャッチ。
日没も近づいてきて、「そろそろ夜アジのポイントに移動するか。この状況なら早く動いてコマセを撒き始めた方が得策でしょう」
ということで移動しようかと思った、本当にその瞬間に、権兵衛氏の竿が海面に突き刺さります。

「お~俺だけわるいなぁ」

この日3枚目のマダイに気をよく…と思ったのですが、上がってきたのは35cm超の大アジ。
このサイズの引きを忘れていました。

その直後、私にもヒット!
本当に久しぶりの大アジの引きです。
慎重にやりとりをして上がってきたのは、これも35cm超の良型。
このころから魚探にも底付近で反応が出始めて、後輩Nも同型のアジをキャッチです。

「この感じだと日没まで釣れる続くか!?」
と期待しましたが、意外とタナがシビアで、簡単には食いません。

結局、アタリが出ていたのは短い間でしたが、タナと誘いのコツがはまって、私は5尾キャッチできました。

アタリが止まったので、夜のポイントに移動します。
数のポイントか型か悩みましたが、型を選んで沖側のポイントにアンカーを入れます。

釣り始めてしばらくすると、小アジが釣れました。
しかし、ポツポツ当たるぐらいで、連発しません。

「もしかしてイカでもいるのか?」と船尾で瀬のトップの方向に向かってヤエン仕掛けを投入。
釣りたてなので、アジは元気に泳いでいます。

ふと、足元をみると、そのヤエン仕掛けのラインが手前に来ています。
邪魔なので回収しようと思ってリールを巻くと、なんか変。
水面に姿を見せたのは、アジを抱いた細長いイカ!

でも、すでに水面で、いまさらヤエンを入れれる状況でないですし、大体、アオリ以外でもヤエンは出来るのか…
引き寄せても離さなかったので、そのまま後輩Nがタモに入れようとすると、驚いてアジを離しましたが、
バックした先にはタモがあり、無事ネットイン。
10/01/16 赤いか釣れたのは良型のアカイカでした。
アカイカは個人的にはアオリイカよりも美味しいと思うので、嬉しい外道です。
しかし、こんな時に限ってスッテ仕掛けがありません。
アオリも居るかもしれないので、そのままヤエンを続けます。

相変わらず、アジは中型以下がポツポツ釣れるぐらいです。
ヤエンのアジも、その後は齧られることなく、時間が過ぎました…

結局、そのまま午後8時過ぎに納竿となりました。

今回は、夕方にハゲ瀬でまさかの大アジラッシュとなりました。
あとで計測すると、31~38cmで、半数が35cm超えという、すごいジアイでした。
もう少しジアイが長続きしてくれれば良かったですが、久しぶりに35cm超のアジが釣れたので、大満足の初釣りとなりました。

10/01/16 釣果

尾鷲港 【大潮】 満潮:17:56(154cm)干潮:12:28(74cm) 月齢 0.8

Comments (Close):6

mikoli 10-01-17 (日) 22:40

初釣り、良い釣果でいいですね~。
アカイカ、ウチのは小さかったですが、初めて食べて美味しかったです。
エギ3.5号に来ましたが、夫はしばらく気づかずそのままシャクってました(笑)
なんかおかしい?って巻きあげたら付いてた・・・みたいな。
大アジ美味しそうですね!久々に行きたくなりました。奴らは足が早いし、
棚シビアなのでパターン早く見つけたもん勝ちですね。
2010年、よいスタートですね!

けーふぁく 10-01-17 (日) 23:19

初釣りでマダイゲッツ、
おめでとうございます。
鬼アジもスゴイ・・・

おぱた 10-01-17 (日) 23:58

>mikoliさん
 手堅い釣り?を選んだ甲斐はありました(笑)
 でも、この短いジアイ(15分ぐらい?)以外は本当に厳しかったですわ…
 いつもアミコマセの胴付きか天秤フカセで釣るので、ジアイのときは胴付きのほうが手返し良くていいのですが、今回はフカセで底からハリス分ゆっくり誘い上げる方に分がありました。
>けーふぁくさん
 マダイと言っていいのか…(汗)
 締め後のデッキライト当たった写真なので分かりにくいのですが、釣れたアジは全部マアジです。
 青アジ(マルアジ)のでっかいのはたまに混じりますがオニアジは珍しく、自分は釣ったことないです。
 そちらのほうはオニアジが良く混じるんですか?

このさん 10-01-18 (月) 17:23

尺アジいいですねえ。
竿が突き刺さりますよねえ。
漁具とジグばっかりやってて忘れてましたわ。
そんないいアジ釣れるなら久しぶりにサビキやってみたくなりました。

おぱた 10-01-18 (月) 23:29

>このさん
 6:4調子の竿(リーディング)に負荷がかかって綺麗に曲がります。
 尺越えは久しぶりだったので嬉しかったです。
 脂ものって、美味しかったですし。

けーふぁく 10-01-19 (火) 20:11

ん?
普通のマアジでしたか!?
それにしてもデカイですね(;´Д`A “`
そう言えばあいつは初夏だったかな・・・

Home > Fishing Reports | 五目釣り | 紀北・尾鷲・熊野 > 2010初釣り 尾鷲湾 久しぶりの大アジ登場

Archives
Search
Site map
sitemapサイトマップ
Feeds
メールマガジン登録
当blogの更新情報をメールにてお届けします。
ぜひご登録下さい。

Return to page top