Home > Others | wordpress > wordpressで絵文字が使えるプラグインcustom-smilies-se

wordpressで絵文字が使えるプラグインcustom-smilies-se

  • 2010年01月31日 (日)

wordpressにもレンタルblogみたいに記事やコメントに絵文字を入れたいと思い、プラグインを探してみました。

色々ありましたが、自分は主にコメント欄に使用したいと思っていたので、

custom-smilies-seというプラグインを使用してみました。

次に、使用する絵文字ですが、wordpressにはオリジナルで絵文字が付属されており、これは /wp-includes/images/smilies のフォルダ内に格納されています。

この絵文字は可愛くないので、フリーで使える絵文字を探したところ、
TypePadの絵文字アイコン画像と、携帯コンテンツ表示モジュールをフリー(自由)ライセンスで公開
というサイトを発見しました。

絵文字画像は『クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本 ライセンス』に基づいて、無償、かつ自由にご利用いただけます。ライセンスの詳細については、クリエイティブ・コモンズのウェブサイトをご覧ください。
またはGPLライセンスでもいいとのこと。

クリエイティブ・コモンズのライセンスはリンクを必須としていますが、GPLライセンスは「頒布するときにソースの公開が必要」とありますが、とりあえず、blogでそのまま使わせて頂く分には何ら問題なさそうですね…

これをダウンロードして、先度のsmiliesフォルダに居れます。
全部だと結構な数あるので、自分で使いそうなものだけ選んで入れました。

プラグインの設定画面を見ると、入っている絵文字の一覧が表示されているので、「what to type」欄に、それぞれの絵文字のコードを決めて入れていきます。

「Display these smilies above the comment form by default」
の欄にコードを入れておくと(複数の場合は間を“,”で区切る)と、その分だけど初め表示されており、「more」をクリックすれば全てが表示されます。

「The name of the input box for comment」
の欄は、使用するテーマに合わせて記入します。
通常はデフォルトのままで良いようですが、私の使用している「wp-Vicuna」では「comment-text」と記入する必要がありました。

※ はじめ動かなかったのですが、検索してみたらVicunaのフォーラムに同様の書き込みがあり、解決できました。

あとは「Other option」の欄を選択すれば自動でコードが挿入されるのですが、私が使っているテーマでは思っている場所に挿入されなかったので、これはチェックせずに、手動で

と記入しましたpencil.gif

これで、コメント欄に絵文字が表示され、クリックすると投稿欄にコードが記入されるようになりました。
管理画面の記事投稿欄にはスマイリーマークが表示されていて、これをクリックすれば絵文字の一覧が出て、同様に記事の文中に使用できますwink.gif

No tags for this post.

Home > Others | wordpress > wordpressで絵文字が使えるプラグインcustom-smilies-se

Archives
Search
Site map
sitemapサイトマップ
Feeds
メールマガジン登録
当blogの更新情報をメールにてお届けします。
ぜひご登録下さい。

Return to page top