Home > Fishing Reports | バス | 琵琶湖 > 久しぶりの琵琶湖 春は難しい…

久しぶりの琵琶湖 春は難しい…

  • 2010年03月15日 (月)

3月に入り、バスの釣果情報もにぎやかになってきました。
この時期はバス、管理釣り場のトラウト、そして海…とおしろい釣りが盛りだくさんで、何をやるか迷ってしまうのが、何でも釣りをやる人間の贅沢な悩みです….gif

そんな中、土曜日に琵琶湖に行った後輩が50アップ2本ほか良型をキャッチしたとのこと。
ということで、久しぶりのバス釣りに行ってみることにしました。

どのくらい久しぶりか辿ってみると…なんと昨年の6月以来でした。
タックルボックスを見ると、選択しているルアーもそのときのまんま。

さて、今回は久しぶりなので事前情報を元に1から戦略を立てなくてはいけません。

ですが、あまり色々持っていっても悩むので、タックルは3本に絞りました。
(ラインを巻き替えたりルアーを準備するのが面倒だったからという説がありますが、気のせいです)

7時半、南湖西岸からアルミボートで出艇します。

まずは周辺のシャロー~ミドルレンジを巻物で探っていきます。
水温は10.2度で、「動いている魚が食ってくるだろう」と思いひたすら巻きますが反応ありません。

残っているウィードを見つけたらライトリグも入れてみましたが、アタリがありません。

ふと見ると自衛隊沖にボートが集まっていたので真似して入ってみます。
流しているラインは3.5m程度で、ライトリグで釣っているようです。
大御所の有名プロも居ますが、周りを見ても竿が曲がることがありません。

10/03/16 何とか今年の初バス完全に手詰まりで、昨日南湖で釣りをした知り合いに電話してきくと、「自衛隊前でミドスト。その水温なら2.5mより浅くていい」と言います。

そこで、言われたとおりそれまで流していたラインより少し浅いところに入りミドストをしていると、ウィードに軽くコンタクトさせて抜けた瞬間にバイトがあり、30cmクラスをキャッチ。
とりあえず初バスゲットですが、このサイズでは…

でも、流すレンジを変えてすぐに反応があったので、周辺にも居るかも?と思い同様のポイントを流しますが、以後、全く反応が無く昼休憩に。

ボート屋さんにきくと、「朝一にシャローでバイブレーションを使って40クラスを連発した人はいるが、大型は出ていないし、全般に釣れていない」とのこと。

10/03/16 自衛隊沖昼ごろにはシャローの水温は11度まで上がりましたので、大潮ですし、動いてくる魚がいるのではないか?と思い、残り時間はスコーンを巻き倒してみることにします。

が、小さなバイトが数あっただけで、ヒットはなし。

帰ってから釣果情報をみると、釣っている人は釣っています。
やはり、エリア、タイミングの見分けで釣果に差が出るようです。
この点、特に春は難しいです。

それにしても、バス釣りに余り行かなくなって、年々下手になっている気がします。
そろそろやめろってことでしょうか.gif


Comments (Close):2

mikoli 10-03-17 (水) 13:16

春はバスも難しいんですね。
「年々下手になっている気がします。」
おぱたさん位キャリアがあってもブランクあると
そうなんですか?
私も先日久しぶりにメバロッド振って、愕然としました。
下手すぎです。アタリとる感覚やキャスト精度など、
どれもダメダメでした。地元の大型シーズン前にリハビリです。
でも・・・私はやめませんよ(笑)

おぱた 10-03-17 (水) 22:44

>mikoliさん
やってないとカンが鈍くなりますわ…
釣りもどうしても雑になってしまってました [E:sad]

そういえば、最近、ダブルハンドのロッドばかり振っていたので、久しぶりにバスロッド握ったら、ずいぶん軽く感じましたわ~

Home > Fishing Reports | バス | 琵琶湖 > 久しぶりの琵琶湖 春は難しい…

Archives
Search
Site map
sitemapサイトマップ
Feeds
メールマガジン登録
当blogの更新情報をメールにてお届けします。
ぜひご登録下さい。

Return to page top