Home > Fishing Reports | バス | 琵琶湖 > 琵琶湖 朝一はよかったけど…

琵琶湖 朝一はよかったけど…

  • 2010年04月10日 (土)

色々な方の釣果情報に刺激され、久しぶりに海で浮かぼうと思っていたのですが、生憎、波が高い予報で断念…

後輩Nと琵琶湖に行ってきました。

今日は先輩Hも出るということだったので、先輩の利用している東岸の店から出艇します。

朝一、どこに行くか迷いましたが、先回の朝一にバイブレーションで入れ食いだった話を聞いていたので、
バイブレーションで狙ってみることにします。

とりあえず、春の定番、赤の井湾の入り口付近から探っていきます。

通り道と思われるところでバイトがなかったので、入ってきた魚が止まりそうなストラクチャー周りに狙いを変えます。

すると、小さなアタリがあり、その直後のキャストではフッキングに成功!
なかなかの重量感に良型を確信して、後輩にネットを頼みます。
無事にキャッチ成功したのは54cmのメス。

10/04/10 バス54cm

さらにキャストを続けるとアタリが連続しますが、食いが渋いのか掛かりません。
そうえいば、先ほどキャッチした魚も危ないフッキングでした…

そうこしていると、後輩もクランクベイトで40に少し届かないくらいの♀をキャッチ。

その後もアタリは数回あったものの掛けられず…

先ほどの魚はプリスポーンのメスではありますが、まだ産卵に入るのは時間がかかりそうなコンディションでした。
そこで、第一陣はもっと浅いとことまではいってるのか?と思い、さらにシャローを探ってみましたが、反応はなし…

次に、気分を変えてライトリグを試してみようと思い、自衛隊前に入ります。

柳が崎、自衛隊~Joshin前あたりにかけては、シャローから深いラインまでボートがたくさんいます。

とりあえず3.5mほどから様子を見ながら浅いところまで流していきますが反応なし…

手が詰まったので先輩に状況を聞くと、まだノーバイトとのこと。
自衛隊前を探っていったが、アタリはなかったとのこと…
東風が吹いているため、西岸は釣り難いので、もう一度、赤の井に戻ることにします。

朝一に釣れたポイントに入ってみますが、今度は反応がありません。

ちょっと眠くなってきたので後輩に任せて私は後ろでお休み…

しばらくすると、後輩に起されます。
見るとラバージグにバスがぶらさがっています。
そのまま抜きあげたのは43cm。後輩はシャローでのヒットに満足しているようです。
聞くと、他にも小さめながらクランクで釣れたとのことなので、湾の奥に向かってシャローを流していきます。

反応がないので、今度は沖の浚渫エリアを狙って見ます。
ボートもけっこう浮かんでいて、見ていると小型がヒットしています。

魚探の画像とマップ表示を見ながら、よさそうな場所を攻めていきます。
スーパーショアラインは浚渫の形まで表示さえているので便利です。

しばらくすると、後輩に小型がヒットし、「こんな感じで、流していると、そのうち群れにあたるのかな?」
と思って何回か流している所に、先輩から着電。
なかなかのサイズが釣れた模様。

早速様子を見に行ってみたところ、55cmの立派なメスでした。
浚渫絡みのポイントで、テキサスリグで釣れたとのことだったので、先ほどと同じようによさそうな穴を見つけては流していきます。

何度か行ったりきたりしましたが、後輩に小型が釣れたのみ。

終了時間が近くなったので、出艇場所付近を探ってみましたが、反応は無くそのまま納竿となりました。

先輩は終了直前に同じ釣り方で50cm若を追加されていました。

10/04/10 バス54cm 2今回は、朝一、群に当りましたが1本しかキャッチできず、しかも、その後はタイミングが合わずに、私は朝一の1本のみでした。

先輩は今期初めての琵琶湖でしたが、だんだん釣り方を見付けていき、結果的には50アップ2本…
さすがでした。


Comments (Close):2

後輩N 10-04-12 (月) 12:57

先日はボートに乗っけていただきありがとうございました。
春の琵琶湖といえども50UPはそう簡単には釣れないことを痛感しました。
今度バイブレーションを使ってみようと思います(笑)

おぱた 10-04-12 (月) 23:58

>後輩N
へっぽこガイドですまんかった。
やっぱり春は苦手や…

Home > Fishing Reports | バス | 琵琶湖 > 琵琶湖 朝一はよかったけど…

Archives
Search
Site map
sitemapサイトマップ
Feeds
メールマガジン登録
当blogの更新情報をメールにてお届けします。
ぜひご登録下さい。

Return to page top