Home > Fishing Reports | ソルトルアー > マイボートで大サバを狙うも…

マイボートで大サバを狙うも…

  • 2011年07月30日 (土)

夏です、大サバの季節です。

例年通り、型のいいサバが回っているようで、これを狙いに行きました。

今日はカヤックでhiroyukiさんとかのっぴさんが見えていました。
お二人ともお久しぶりです。

二人を見送った後、自分たちも出艇します。

今日はスノウルさんとスノウルさんの彼女さん、私の3人で乗ります。
11ftの船に3人乗りは狭いですが、重心を下げるようにしたら、湾内ならプレーニングしてGPS読みで25km/hでました。
(ちなみに二人乗りの最高速は、琵琶湖で記録した35km/h)
実は穏やかならアルミボートよりも走行は安定して速いです。

まずは湾口付近に出来ていた潮目を狙ってみます。
ベイトの反応は多く期待しましたが、なぜか食ってきません…

110730_1そのうち、やっとのことで?私に小サバが釣れて、それから少しして、水深50m程で30gのジグを辛抱して沈めていたスノウルさんが底付近で良型サバをキャッチ。

1本釣れたので連発するかと思いきや、単発で終わってしまいます。
その後、同じように反応の良い群れを探して狙っていきますが、なぜか食わない時間が続きます…

hiyroyukiさんに状況を聞くと厳しいとのこと。
でも、かのっぴさんはマダイを今しがたゲットしたようです。
「さすがだなぁ」と思って釣れたポイント付近にお邪魔すると、かのっぴさんがまた、目の前でマダイゲットです。
ジアイのようなので頑張ってみますが、自分たちには反応はありません…

サバも反応が少なくなってきて、先ほどのような出会い系では厳しいようなので、群れが捕食しそうな根回りを狙ってみます。
すると、反応がありサビキに小鰺?らしきアタリがあります。水面付近にはイワシも見えています。

何度か流しているうちに、私に強烈なアタリがありヒット…があっさりバラシ。
ジグの上に付けていた土佐カブラがスパッと切れていました。
やり取りが短かったのでよくわかりませんが、口の中に入って歯でやられた感じです…

110730_2また、その後釣れない時間が続き、潮が上げ潮に変わり始めたタイミングで実績ポイントに入ると、魚探にイワシが縦の帯状に映って、いかにもフィッシュイーターにおいつめられたような反応を見せます。

「これは何か釣れそうだ」と思ってビンビン玉の45gを軽くキャストして斜め引きすると明確なアタリがありヒット。
タイの引きではないですが、なかなかの手ごたえです。
上がってきたのは30cmと良型のガシラでした。

110730_3さらに流していくとまたヒットです。

今度はさきほどよりも良く引きます。「ハタかな?」と思いましたが上がってきたのはマダイ。
けっこう潮が効くポイントですが、なぜか脱走兵でした。
(脱走してからけっこう時間が経っていたようで、程よい味でした(笑))

「さて、これからか?」
と思いましたが、東風が吹き始めると波とウネリが強くなり、おまけに雲行きも怪しいです。
そのうち遠くでゴロゴロ聞こえてきたので、惜しいですがここで撤収とします。

片付けが終わり車を出そうと思ったタイミングで、本降りになってきました。

まだ台風の雨量の影響で、湾内は水潮が残っているようで、外洋の潮が入ってくるエリアと、そうでないところで明らかに海の色、臭いが違いました。
もう少しすれば落ち着くのではないかと思いますが、今日は厳しかったです。

(※今回デジカメを車内に忘れたため、写真はスノウルさん撮影のものを使わせていただきました…)


Home > Fishing Reports | ソルトルアー > マイボートで大サバを狙うも…

Archives
Search
Site map
sitemapサイトマップ
Feeds
メールマガジン登録
当blogの更新情報をメールにてお届けします。
ぜひご登録下さい。

Return to page top