Home > Fishing Reports | ソルトルアー | 紀北・尾鷲・熊野 > ヒラスズキとマルスズキ狙い

ヒラスズキとマルスズキ狙い

  • 2012年01月08日 (日)

12/01/08 尾鷲地磯夜明け今年の初釣りです。
前日に釣りに行った後輩から「熊野の漁港で良型のマルスズキがボコボコにライズしてました」との話をきいて行ってみることに。ただ、こちらのジアイは夕方とのことなので、朝一は地磯でヒラスズキを狙ってみることに…
今回の同行者は先輩のsekainoHDさん。地磯デビューですが、けっこうな距離を歩いていただきました。
思ったよりも波が無く、これは本当の朝一勝負になりそうです。
そこで先端までランガンしましたが反応はなく、すっかり明るくなってしまいました。

12/01/08 ハマチ諦めモードで元の場所に戻るとHD先輩の竿が曲がっており、上がってきたのはハマチ。
これならまだ他にも居そうなのでペンシルに替えて探ってみるとチェイスしてきたが、サラシが無いのでサラシを使って食わすことができずにUターン…

結局、この1尾だけでこの磯を後にしました。

12/01/08 七里御浜夕方の釣りに備えてのんびりします。良い天気の七里御浜を眺めながらお昼休憩です。
嶋勇釣具店に寄って情報収集…なるほど、マルスズキのほか日によってはメジロやヒラスズキも回ってくるとのこと。
ベイトは小さいとのことで商売トークに乗せられ?私もHDさんもシマノのサイレントアサシン99Fをお買い上げ。

その後、釣れている情報のある港に移動します。
なるほど、ルアーを投げている釣り人もいます。
12/01/08 メッキとりあえずよく分からなかったですが港の入口付近を狙えるポイントに入ります。
ジアイと聞いていた時間には早かったので、購入したルアーの動きでも観察しようと思って沖にキャストして巻いてくると何かがついて来ており、よく見るとメッキです。
「1月なのにメッキ?」今年は水温が高いようです。
トゥイッチをいれると一撃でした。その次でもヒットしましたが、サイズは小さめ。
もう少し大きいのも見えていたのですが、そのうちどこかへ行ってしまいまいました…

夕方になるとルアーアングラーの数も増えてきました。
見える範囲でナブラが起こり始め、魚が回ってきたようです。そのうち、「ボコッ」と吸い込むようなスズキらしき魚の捕食音が聞こえるようになり、気合が入ります。
そして、手元まで巻いてきたミノーに下から食いあげましたが、惜しくも掛けれず…
射程距離でライズは起こりますが、周りにいた釣り人によると昨日よりも数が少ないとのこと。
その後、真っ暗になるまでやりましたが、結局私もHDさんもアタリ数回で終わってしまいました…

シマノ(SHIMANO) エクスセンス サイレントアサシン 99F XM-099J 02T(ボラコノシロ)
シマノ(SHIMANO) エクスセンス サイレントアサシン 99F XM-099J 02T(ボラコノシロ)

メーカーの説明通りよく飛ぶルアーです。スローリトリーブではわずかにロールし、弱った小魚を演出できます。

Home > Fishing Reports | ソルトルアー | 紀北・尾鷲・熊野 > ヒラスズキとマルスズキ狙い

Archives
Search
Site map
sitemapサイトマップ
Feeds
メールマガジン登録
当blogの更新情報をメールにてお届けします。
ぜひご登録下さい。

Return to page top