Home > Fishing Reports | カヤックフィッシング > 久しぶりのカヤックは多彩なゲスト

久しぶりのカヤックは多彩なゲスト

  • 2012年06月30日 (土)

色々ありまして久しぶりの更新です。
実はカヤックフィッシングは本当に久しぶりです。辞めたわけではありません…

本日同行はスノウルさん。
私は初めて浮く場所ですが、友人からポイントの情報、釣り方のアドバイスをいただいており心強いです。

今日は穏やかで漕いでいて気持ちいいです。
聞いていたポイントに移動する途中で、魚探に怪しい反応を発見します。
水深30mから15mまで盛り上がっている大きな背です。際にはベイトの反応も出ています。

インチクを深い側で落として、浅い側に引っ張り上げてくると「ドン」とアタリがあり、上がってきたのはカサゴ。
とりあえずお土産確保です。

同じポイントを流すコースを変えたり、周辺も探ってみましたが反応は無く移動します。

少し沖まで漕いで、友人にきいていたポイントに移動します。
なるほど、ここも地形の変化が大きく、真鯛が好みそうです。
ここもベイトの反応が出ていて期待しますが、アタリはありません。
インチク、タイラバ、ジグと試しますが、どれもアタリません。

そこでベイトの正体を確かめようとジギングサビキを付けて落とすと・・・アナタでしたか01.gif

潮目に沿って沖に出てみたところ、インチク+サビキで何かがアタリます。
何回か空振りした後でヒット!・・・あれっ?


上がってきたのはアカイカ。サビキが見事にフッキングしています。
魚探をよく見ると淡い反応があります。これはもしかしたらアカイカの群れ?
しかし、こんな日に限ってエギもスッテもありませn。
何度か同じようなアタリがありましたが、ヒットには至らず・・・

その後、今度は魚と思われる大きな反応があり、ジギングサビキに食ってきたのはヤエンの餌サイズのアジ・・・
アジの群れに何かついていないかと狙ってみますが反応がありません。
サビキに小アジが掛かりやすいようジグに替えてショットガンでかけて、そのまま落とし込む縦釣りもやってみます。
何度かアジが暴れる前あたりが出ましたが。、食わることは無く・・・

同じようにベイトを直撃する方法を続けると、多彩な魚がかかってきます。
アジ、子サバ、小カマス、ベラ、エソ、小メバル・・・アジが掛かったらショットガンも続けますが、やはりアタリはないです。

スノウルさんはタイラバで良型のメバルを釣ったとのことでした。(後で死後に測ったら29cmありました)
釣れた辺りを流していて、スノウルさんは再び良型のメバルをキャッチし、さらにアカハタも。

どうやらこの辺りは根魚が多いようなので、底付近をジグで探ると、ガシラが食ってきて、さらにその次では32cmのアカハタも連発しました。

スノウルさんは超良型のアカハタを惜しくもバラしてしまったよう・・・

雲行きが怪しくなってきたので、戻ることにします。
朝一に釣れたポイントには小アジが着いていたので、これを掛けて落とし込むと、アジが嫌がります。
「何かいるはず」と思っていたら穂先が入りましたが焦ってスっぽ抜け・・・やってしまいました。
もう1回挑戦するものの反応は無く、そのまま終了しました。


Home > Fishing Reports | カヤックフィッシング > 久しぶりのカヤックは多彩なゲスト

Archives
Search
Site map
sitemapサイトマップ
Feeds
メールマガジン登録
当blogの更新情報をメールにてお届けします。
ぜひご登録下さい。

Return to page top