Home > Fishing Reports | バス | 琵琶湖 > 琵琶湖 怪物現る!?

琵琶湖 怪物現る!?

  • 2012年07月14日 (土)

今年、何回か琵琶湖にバス釣りに行ってますが、どうも中途半端…練習不足が露になって、釣果が出せません。

そんな中、先輩sekainoHDさんよりお誘いをいただいたので、行ってきました。
HDさんは今シーズンもしっかり琵琶湖に通って50アップをコンスタントに上げていますので、頼りになります。

実は先輩と同船するのは久しぶりです。前回の同船は2008年の7月で、この時はHDさん初のロクマルとなる62cmがでました。

今回も同様のパターンが成立する気配が満々で、期待して行きました。

ボート屋には一番乗りで到着、しばし仮眠した後に一番で出ます。
ただ、予想に反して南風がやや強めに吹いています。とりあえずゆっくり南下していると風も弱まってきて、考えていたポイントに入れそうです。
スポットがわかりやすいようにマーカーを入れて釣りを開始します。
魚探のフィッシュアラームは鳴り止まず、いかにも釣れそうな感じです。
そして、程なくしてHDさんがキャッチした本日のファーストフィッシュはいきなりの57cm!

自分も浚渫の際にラバージグを止めておくとバイトがありヒット。よく引くので期待しましたが、上がってきたのは良型ですが50cmには届きません。
いきなり57cmを見ているのでなんだか小さく見えて写真なしです。

さらにHDさんにヒットしますが、これはかなり大きそう。
半端ない引きで、Hパワーのロッドがのされています。HDさん、足が震えているのが見ていてもわかるぐらい緊張してますが、渾身のファイトで上がってきたのは…

なんじゃこれ~.gif

65.0cm 4.2kg !
二人とも唖然としました。
ランディングは落ち着いて、ネットにはみ出しながらも無事にキャッチ
(て言うか、これ、失敗したら一生口きいてもらえなかたでしょう…)

さらに先輩は56cmもキャッチ。
普段なら喜ぶサイズですが、先ほどの魚を見ているので感覚が狂っています…

私はラバージグにスレてきたようなので、ダウンショットで探ってみると釣れましたが、先ほどのサイズが嘘のような魚…

そのうちアタリが遠のいてきたので、沖のエビモパッチ撃ちに変更です。

 

だいたい考えていることは同じ?なのかボートが集中しています。
その中でも移動しつつ、反応のあるエリアを探していきます。
HDさんは何本か上げましたが、私は当たりのみで掛けれず、夕方は再び朝の浚渫に戻ることにします。

今度は風がけっこう吹いていて、ボートポジションのキープが難しいです。
そこで、重めのシンカーを使用したヘビーダウンショットでポイントを直撃する作戦に変更し、HDさんは54cmをキャッチ。
自分もHDさんのヒットを真似て丁寧に探るとちょっと手応えの良い魚がヒット。

最後の最後でなんとかキャッチできた50アップ、53cmでした。

60cm前後のバスは見たことがありましたが、65cmを超えるサイズを生で見たのは初めてで、その迫力に圧倒されました。
重さも8ポンドオーバー、スポーニング季なら確実に12ポンド超えていそうな、見事な魚体でした。
こんな魚を見てしまうと、バス釣り辞めれなくなってしまいます…

ティムコ(TIEMCO) PDLパワーグライドジグ
ティムコ(TIEMCO) PDLパワーグライドジグ

今回、先輩が65cmを仕留めたルアーです。


Home > Fishing Reports | バス | 琵琶湖 > 琵琶湖 怪物現る!?

Archives
Search
Site map
sitemapサイトマップ
Feeds
メールマガジン登録
当blogの更新情報をメールにてお届けします。
ぜひご登録下さい。

Return to page top