Home > Fishing Reports | ソルトルアー | 紀北・尾鷲・熊野 > レンタルボートでシイラを楽しむ

レンタルボートでシイラを楽しむ

  • 2013年07月14日 (日)

今回のターゲットはこの時期によく釣れる大サバと、シイラです。

ボート屋で近況をきくと、前日、湾内でサバがよく釣れた場所があったが、最近は全般に少ない状況とのこと。

日の出の早い時期なので、午前5時過ぎに出船します。
まずは前日、サバが良かったというポイントに入ってみます。
魚探にはそれっぽい反応があるのですが、群れが薄く、捕まりません。

そこで沖に出てシイラを探しに行ってきます。

潮目を探っていくと、同船者Mにヒット!90cmほどでした。
さらにヒットが続き、同じくらいのをキャッチします。

13/07/14 シイラやり取り中

この魚とやり取りをしている間に、同サイズのシイラがボートの際までたくさん付いてきますが、なぜが自分のルアーには食いません。

2本とった友人に聞くと、細かいポッピング数回後に止めて食わせるタイミングを与えるとのこと。
そのアクションを真似てみたところ自分にもやっとヒットです。
船べりまで寄せましたがキープするか否か悩んでいる時にフックが外れてオートリリースとなりました。

この場所での反応が無くなったので移動して次のポイントを探すと、いかにもな流れ藻を発見。
直ぐに自分にヒットし、これはなかなかのサイズです。

同船者Mに大きそうなのがヒット!さらにもうひとりの同船者Aにもヒットしましたが、これは惜しくもバラシ。

ボート際まで元気に暴れて流れ藻だらけになりました。まるで琵琶湖のバスみたい…coldsweats01.gif

13/07/14 シイラ藻だらけ

シイラは楽しめたので、元々の狙いであった鯖を探します。
寺島方面~九鬼方面といろいろ探りましたがノーヒットで時間が過ぎます。
間でシイラも狙ったりしましたが、風が吹いてきて漂流物が探しにくいです。

移動を繰り返していると、桃頭島周りにボートが集まっていて様子を見るとサバが釣れています。
魚探を見るとサバらしき反応もあります。
ジギングサビキ付きで狙うと即ヒットです。同船者にも食いました。
(サバは鮮度が命で処理を優先するため写真無しです)

しかし、やはり群れが薄いらしく続きません。
あちこち回りましたが、結局、桃頭島付近が一番よい感じだったので戻ります。

やはり回りでもポツポツ釣れるぐらいです。
何度も流しているとチビガシラや小アジは食いました。
途中、シイラが泳いでいるのが見えたのでMがポッパーを投げると、一発でヒットしました。

近くのボートでヒラメが上がったようで歓声が聞こえました。
残り時間は少ないですが、どうやら潮が動き出したようでとても釣れそうな感じです。

魚探で地形を丁寧に探して水深40~50mほどのかけ上がりを流したところで、Aに何かがヒット!
なかなかの引きでしたが、これは大きなエソでした。

大きなエソが居るということは、もしかして…と思いタイラバに代えて落とし込んだところ、アタリがあり一気にティップが引き込まれます。
あまり引かなかったのでてっきしこれもエソだと思ったら、タイでした。

13/07/14 マダイ

こんなところでも脱走兵が食うなんて…

他にも居ないかと思い周辺も流しますが、残念ながらヒットはなく終了です。

帰港後は、オザキさん夏の名物、カキ氷を頂きました。

13/07/14 フィッシングオザキ カキ氷

マリア(Maria) ポップクィーン 105
マリア(Maria) ポップクィーン 105

シイラにはポップクィーンが基本です。今回もこれでキャッチ。


Home > Fishing Reports | ソルトルアー | 紀北・尾鷲・熊野 > レンタルボートでシイラを楽しむ

Archives
Search
Site map
sitemapサイトマップ
Feeds
メールマガジン登録
当blogの更新情報をメールにてお届けします。
ぜひご登録下さい。

Return to page top