Home > Fishing Reports | イカ | 日本海 > イカメタル初挑戦は激渋で苦戦

イカメタル初挑戦は激渋で苦戦

  • 2013年08月11日 (日)

13/08/11 イカメタル一昨年頃から始まり、今年流行っている「イカメタル」の釣りに初挑戦です。

イカ好きの嫁さんのためにすでにイカメタル経験豊富な後輩に誘われたのがきっかけですが、
この手のアタリを合わせて掛けていく釣りは大好きなのではまる事間違いなさそうです…

今回同行するのは大学時代の同期、後輩で計6人です。
お世話になったのは敦賀の俊英丸さん。
最近の釣果はムラがあるのが若干気になります…

今回は初チャレンジなのでティップラン用のロッドを流用の予定だったのですが、前週に錦で出た後輩ふたりが
タックルの差?でダブルスコア近く差がついたとの情報を得て、急遽、専用竿を購入です。
もちろん、この後輩Rも買ったのは言うに及びません。

13/08/11 俊英丸17時に白木漁港を出航します。
「もんじゅ」を見ながら港を出てすぐアクセルが緩まります。「え?こんな近くで?」
と思ったのですが、船長「今日も潮が速すぎますので沖のポイントへ行きます」
とのことで、沖を目指します。
15分くらい走ったところで船を止めてアンカリングです。
やはり潮が速いようで、オマツリ防止のため、船長からスッテの重さ指定と、水深は80mあるのですが、50mより下はやらないように指示がきます。

ベイトは居るようですがイカの反応はありません。おまけに潮が速いため仕掛けが安定せず、アンカーを上げて流し釣りに変わります。

それから船のライトが点き、暗くなったころにようやく船中1杯目が上がりました。
同じ舷で釣っていた人が釣り上げたシャクリを真似ていると、ティップに違和感を感じ合わせて1杯目をゲットです。

この後、船中ポツポツと釣れるようにはなりましたが、連発するようなことは少なく、食いは渋いようです。

タナも様々なようで、上から下まで探っていきます。

13/08/11 アカイカ結局、23時の沖上がりまでこの状態は続き、サイズはなかなか良かったものの、
竿頭の人でもツ抜けぎりぎりぐらい?という渋い状況でした。

小さなアタリを掛けていく楽しさは分かりましたが、一方で難しい面も…
もう少し食いがいい時にリベンジしたいです。

No tags for this post.

Home > Fishing Reports | イカ | 日本海 > イカメタル初挑戦は激渋で苦戦

Archives
Search
Site map
sitemapサイトマップ
Feeds
メールマガジン登録
当blogの更新情報をメールにてお届けします。
ぜひご登録下さい。

Return to page top