Home > Fishing Reports | ソルトルアー | 紀北・尾鷲・熊野 > マグロに初挑戦

マグロに初挑戦

  • 2013年08月03日 (土)

13/08/03 マグロ狙い以前より行ってみたかった熊野沖のカツオ・マグロゲーム・・・

と言ってもマグロはやはり専用タックルが必要と思われるし難しそうなので、
カツオ狙いで行きたいと仲間6人でチャーターーをしました。

お願いしたのはエヌテックマリンさんですが、この日は2艇出るとのことで、私たちは僚船の方に乗せていただくことに。

船長は元漁師とのことで、小笠原付近までマグロを獲りに行ったこともあるとか・・・

先の通り、カツオをメインに狙いたかったのですが、あいにくカツオはお留守とのこと。
代わりに?キハダはいるみたいのなので、とりあえず気配があったというポイントまで走ることに。

2時間ほど走って着いたポイントは熊野沖約23マイルと、かなりの沖です。

ポイントに着くといきなりマグロの気配があり、跳ねてます。

13/08/03 熊野沖自分はペンシルで狙いますが、カツオ狙いでジグを投げていた後輩には小さめながらカツオ、キメジ、そしてシイラとヒットしていきます。

マグロのナブラが落ち着いたので皆小さめのジグを沈めるとキメジ、カツオ、シオがヒットしてきます。
ちょっと良く引くな、と思ったらカマスサワラでしたが、手前で歯にスレてアシストを切られてしまいました。

ちなみにキハダマグロの小型を「ペンギン」と呼ぶそうです。
そう言われるとマグロがペンギンに見えてきました。確かに体型は似ています・・・

その後、周囲ではマグロのナブラがどこかしらにはある状態が続き、一時は船の周りを囲まれ十分射程の範囲にも入りましたが、
結局、誰にも一度もヒットすることなく終了時間を迎えてしまいました。

エヌテックマリンの船もノーヒットだったようです。

13/08/03 釣果どうやらこの日はマグロは極小のベイトを追っていたららしく、ルアーに反応しなかったようです。
船長も上手くマグロの前にキャストできるように船を回してくれたのですが、私たちの技術不足でした。
しかし、目の前で背中を出して追い回すマグロはド迫力でした。
こんなにずっとナブラがあったのは珍しいことのようで、貴重な体験でした。
また挑戦してみたいです。

No tags for this post.

Home > Fishing Reports | ソルトルアー | 紀北・尾鷲・熊野 > マグロに初挑戦

Archives
Search
Site map
sitemapサイトマップ
Feeds
メールマガジン登録
当blogの更新情報をメールにてお届けします。
ぜひご登録下さい。

Return to page top