Home > Fishing Reports | ソルトルアー | 日本海 > 丹後 黒羽会の例会に初参加

丹後 黒羽会の例会に初参加

  • 2013年11月24日 (日)

今年の春、丹後沖に釣行した際は、なかなかの好況だったのに自分はハマチ大しか釣れず・・・
悔しかったので、ブリが釣りたくてジギング専門店として有名な鈴鹿のハダ釣具さんに行って来ました。

そこで店長に色々教えてもらい、月例の釣行のお誘いを受けていってきました。

今回は鈴鹿のハダ釣具から他のお客さんとともに丹後まで乗せて行ってくれました。午前4時すぎには出船場所に到着。

131124 出船

今回お世話になるのはビクトリーさん。初めての乗船です。
今日は早朝出船で朝マズメを狙い、昼過ぎに沖上がりの予定なので、まだ暗いうちに出船してポイントに向かいます。

まずは白石付近のポイントに入ります。水深はいきなり120mからと、ウォーミングアップなしです。

しばらくやりましたが思わしくなく、さらに沖へ移動します。
後で聞いたところによれば、浦島グリの入り口?あたりだそうです。

13/11/23 白石

その途中、船長が「瀬になっているところをやります。青物のほか、アラも出ます」と船を止めました。

 

瀬の頭に反応があるようなことを船長が言ったタイミングで、ロッドに違和感を感じアワセるとグイグイ引きます。
重いのですがそれほど走らないので「根魚?」と思いましたが、船長は「ゆっくりやってください」と言ってくれます。

残り30mをきったぐらいで急に青物の引きに化けました。
最後まで慎重に上げてきましたが、上がってきたのはメジロサイズでした。
思ったより小さかったので恥ずかしく、思わずネットを借りずにリーダーを持って抜いてしまいました・・・
(よって写真もなし)

とりあえず船中1尾目の青物が出たことで一安心。船内の活性も上がります。

その後沖に出たところで風がやんできたので、片舷ずつ交代で流すドテラ流しに切り替えます。
水深はここも120m前後と相変わらず深く、しんどいです。
風上側はどんどんラインを出して、風下側は重めのジグで一気に落として勝負・・・といった釣り方が続きます。

すると、船内でポツポツとメジロが上がります。
船長は色々な状況を判断した結果、「しんどいかもしれないですが、今日は最後までこの釣り方を続けます」とのことで、感度を探しては片舷ずつドテラで流すの繰り返しとなります。

今日はメジロサイズで終わるのか?と思っていたところで、ついに羽田氏が9キロクラスの見事なブリを釣り上げました。

ヒットルアーはアルミジグの新作holohohoでした。
ここからholoholoを使用する人にブリのヒットが続きます。

沖上がりの予定時間になりましたが、船長は「メジロなら上がるけど、ブリ釣れてるから続けてください」と延長決定です。

私も羽田氏からholoholo160を借りて挑戦です。

羽田氏いわく「ペンシルやエギのように扱ってください」とのこと。
でも、後で聞いたところでは「他の人にヒットすると、スイッチが入って力任せにしゃくっていた(笑)」

ついには11.5キロなどいう大物まで上がりました。

ドテラながしなので船長も横で竿を出しながらレクチャーしてくれます。
鳥が飛んでいてこちらのほうに向かったときに上昇するのをみて、「今、魚がこっちに向かってきて船の下で沈んだ。今おるよ。」

と言ったところでちょっと間を入れると食いました。
でも、これまで上がっていたサイズほど大きくなさそうです。上がってきたのはやはりメジロサイズでした。

13/11/24 メジロ

その後もブリ、メジロが数本上がり、結局、帰港したのは朝便と大して変わらず・・・1日を通して100m~130mでしゃくり続けたのでかなりの疲労度です。
肩上がりませんでした・・・

今回、アルミジグの”波動”で寄せて釣る釣り方が爆発する状況で、かなり衝撃的でした。
今までこんな大きなジグで釣れるのか?と疑問に思っていましたが、これが効く状況があるようです。船長曰く、「ブリはジグを見つけたらかなり遠くからでも突っ込んでくる」とのことで、大きなジグで集魚効果を発揮することもあるようです。

今回はかなり勉強になることばかりでした。メジロは釣れたものの、ブリは食わせることができず・・・いつもならメジロ2本で喜んでいるのですが、さすがにあれだけブリを見てしまうと・・・
これからハダ釣具店さんで色々学び、10キロオーバーを目指したいです。

おまけ ジグの大きさ比較です。

13/11/24 jig

一番上がカリボソジグ120g、真ん中がCBナガマサ155g、一番下がスナイパー150gです。
最初にメジロが釣れたのがこのスナイパー150gでした。

テンリュウ(天龍) ジグ・ザム ディープライダー JDR631S-3
テンリュウ(天龍) ジグ・ザム ディープライダー JDR631S-3

今回初めて使用したロッド。3オンス?表示ですが適合ウェイトが45~180gという変なロッドです。使ってみた感じ、ティップはソフトですがバットパワーは強いので(631S-5並みに強いそうです)魚を掛けてからやりとりが安心です。また、重いジグはバットを使ってしゃくる感じになりました。

※ 値段はナチュラムさんがポイント還元も入れれば最安値ですが、もちろん私はハダ釣具店さんで購入しました。ハダさんはこのロッドの開発にも携わっているので、詳しく教えていただけます。ディープライダーの販売量では有数の店だそうです。


Home > Fishing Reports | ソルトルアー | 日本海 > 丹後 黒羽会の例会に初参加

Archives
Search
Site map
sitemapサイトマップ
Feeds
メールマガジン登録
当blogの更新情報をメールにてお届けします。
ぜひご登録下さい。

Return to page top