Home > Fishing Reports | ソルトルアー | 日本海 > アルバトロス 寒ブリに挑戦

アルバトロス 寒ブリに挑戦

  • 2017年12月24日 (日)

更新をサボりにサボりましたが、やはり記録を残しておかなければ、、、
ということで、久しぶりに更新です。

今までの記事も書きかけのメモはあるので、少しずつ追加していきます。

2017年のクリスマス釣りーは丹後、アルバトロスさんに行ってきました。
同行したのはマサ君です。

今季の丹後は11月下旬に一度、寒ブリのラッシュがありましたが、それ以外は不調でハマチさえもご機嫌斜め.gif

それでも一発の可能性を期待して出撃します。

2017/12/24 アルバトロス今回は1号艇にお世話になります。
釣り座は早いもの勝ちなのであきらめていたのですが、午前4時ごろに着くと意外にもミヨシが空いており確保。
個人的にはミヨシでの釣りが好きなので期待して仮眠します。

午前7時ごろ出船、そのまま沖を目指します。
感度を探しながら東へ進み、船が止まったところで船長のアナウンスは「水深130mです」
深い….gif

朝一からしんどいですが、この水深ということは一発狙いでしょうから気合が入ります。
底潮はそれなりにつれそうな感じ…と思っていたらアルミで誘っていたマサ君にヒットして、上がってきたのはブリサイズ(6キロ)

これを見て船内が盛り上がりますが、アタリが続きません。
時折甘噛み?といった違和感を感じますが食わせきれず…
船長の「「感度?かも…」というアナウンスの直後、トモの方の釣り人にヒット!なかなか上がってこなかったので大きいのかな?と思いましが、後できいたところ11.5キロの立派な寒ブリでした。

その後修行の時間が過ぎ、船内ではヒラマサが1本上がったのみ。
アタリが無いのでTGベイトでお土産狙いのマサ君にはマイカが2杯.gif

そのうち風が強まり、残り時間も少なくなってきたためか、浅場に移動してお土産のハマチ狙いです。

ところがやはりご機嫌ナナメで、私を含め、船中半数がボウズと厳しい日でした。

11キロはやっぱり大きい…要リベンジです。


Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.fineboze.com/2017/12/20171224-albatross.html/trackback
Listed below are links to weblogs that reference
アルバトロス 寒ブリに挑戦 from Fine BOZE

Home > Fishing Reports | ソルトルアー | 日本海 > アルバトロス 寒ブリに挑戦

Archives
Search
Site map
sitemapサイトマップ
Feeds
メールマガジン登録
当blogの更新情報をメールにてお届けします。
ぜひご登録下さい。

Return to page top